(福島県の中央分水嶺)

福島県の中央分水嶺 那須岳(峰の茶屋〜三本槍岳〜大白森山)2018,6.22〜23 メンバー L 高見沢、宮尾、柳

リーダー報告
 好天に恵まれ、また、今までで一番いい避難小屋だった。分水嶺トレースが北へ少し伸びました。お付き合いいただいた2人に感謝します。こうしたプランをつなげ、少しずつトレースを刻んでいきたいのでこれからもよろしくお願いします。
 行動記録
 6月22日(金)  快晴
6/22  長野駅(6:42発、浅間604号)・・・大宮駅(7:58着、8:10発、やまびこ205号)・・・那須塩原駅(8:58着、9:18発JR東北線)・・・黒磯駅(9:23着、9:35発)・・・タクシー・・・峠の茶屋(10:30着、10:40発)・・・峰の茶屋(11:35着、11:45発)・・・朝日岳登り口(12:25着、12:50発)・・・北湯方面分岐(13:35着、13:50発)・・・三本槍岳(14:20着、14:40発)・・・鏡が沼分岐(15:20通過)・・・須立山(15:35着、15:50発)・・・坊主沼避難小屋(17:05着、泊)
 長野駅で合流。黒磯駅前にはタクシーがおらず、駅前のタクシー会社に行って乗る。宮尾さんの水は峠の茶屋で補給しようと思っていったら、そこでは水を分けてくれない。やむなく乗ってきたタクシーでロープウェイ山麓駅に戻って水を補給し、再び登山口へ。登山口駐車場には学校登山の子供たちが100人以上。登山指導所で登山届を書いていたら、その集団が来たので、その大集団に混ざって登り始めた。しかし子供たちの方が速いので間もなく子供たちが先行し、我々は自分たちのペースで登れるようになった。  樹林帯を抜けると、風が強い。さえぎる物のない茶臼山山腹に登山道が伸び、その先に峰の茶屋が見える。大集団が休憩、その間に我々が先行し、峰の茶屋へ。この茶屋は改修工事中。この稜線からの展望はいいがとにかく風が強い。石碑の陰で休憩し、北の稜線を辿る。平日だが登山者が多い。ロープウェイがあって身近なためだろう。朝日岳の登り口で腹ごしらえ。その間に宮尾さんは朝日岳往復。三本槍岳までよく整備された登山道が続く。三本槍岳は西と北に続く分水嶺の恰好の展望台だ。今回辿るのは北に見える旭岳の鋭鋒とそこからさらに北へ続く大白森山である。  三本槍岳から北は登山者が少ない。おじさん3人のグループが大峠へ下って行き、2人が登ってきただけ。鏡が沼への道を分けてからの道は、草や灌木をかぶるようになった。登山者が少ないことを雄弁に語っている。道自体ははっきりしているが、潅木がかぶさり、「藪くぐり」の様相だ。須立山山頂からも目指す山小屋は見えない。やがて道は稜線を東側へそれ、笹薮の滑りやすい悪路をたどること約10分。坊主沼への道を分けてから100bくらいで真新しい小屋に着いた。小さいが大変きれいで気持ちのいい小屋だ。一息入れてから沼の傍を通る旧道を一周。かつての小屋は池の近くだったが、平成20年に新しく小高い丘の上にできた小屋は、湿気がなく窓からは三本槍岳も見える。(トイレは無し)今日は貸切だ。小屋にある毛布とマットレスをお借りして今日の疲れをいやす。 
 6月23日(土) 曇り
6/23  坊主沼避難小屋(5:50発)・・・甲子山(7:03着、7:13発)・・・甲子峠(8:15着、8:23発)・・・大白森山(9:05着、9:20発)・・・甲子峠(9:55着、10:05発)・・・休憩1回・・・甲子温泉(12:25着、13:05発)・・・(タクシー)・・・新白河駅(13:35着、13:51発)・・・大宮駅(14:50頃着、15:18発)・・・臨時列車「かがやき」・・・長野駅(16:18頃着、解散)  
 4時10分起床。東の空に朝焼けが鮮やかだ。大きなブナの樹が続く山腹の道を行く。甲子山近くになると白い花が道脇に現われた。柳さんによるとオノエランといって珍しいとのこと。甲子山から振り返ると旭岳が高い。しかし、残念ながらその稜線には道がない。その端正な山稜を辿る道があってもいいのにと思う。甲子山からは滑りやすい岩場があるが、ロープもあるので丁寧に行けばいい。ブナ林の山腹を巻いて甲子峠へ。自転車が1台、下郷町側から登ってきた人のものだ。峠にザックを置き、空身で大白森山へ。最初は歩きやすい道だったが、中間は沢状の岩場が続き、雨の時は要注意だ。山頂近くはベニバナドウダンツツジの群落だ。花のトンネルを抜け、山頂に着いた頃にはガスが展望を遮り始めていた。中央分水嶺である鎌房山への稜線はツツジ、シャクナゲ、笹などの灌木が茂った密な藪だ。(帰宅後考えたのは、羽鳥湖スキー場から積雪期に往復する案。飯綱山のボコダキ尾根に比べ、少し距離があるが標高差は530bと小さい。) 甲子温泉への下りは、最初は明るい尾根道だ。曇り空になってしまったが天気がよければ明るい散歩道といったところだろう。猿が鼻から下はブナ林の山腹をジグザグに下る。地形的には急な斜面だが、道は緩く歩きやすい。甲子トンネル口への道を分けて、阿武隈川の源流を渡れば大黒屋である。温泉利用者用の送迎バスがあるが、15時とのこと。時間が惜しいので、タクシーを呼び新幹線駅へ。大人の休日クラブのパス券なので、指定席を取って、一路長野へ。
(文責 高見沢賢司)
那須岳ルート図
⇒その他の山行記録へ
⇒HOME