月夜沢峠〜野麦峠スキー場(中央分水嶺)2017.3.18〜19 メンバー L 高見沢、笠井

リーダー報告
 雪の状態が期待した程ではなく、ラッセルに苦労しました。川浦から直接月夜沢峠に登る今回のルートは、積雪の状況にもよるだろうが、短絡ルートとして使えると思います。稜線は樹林で展望はあまりなく、ひたすらラッセルした感じです。それらのラッセルの大半を笠井さんにやってもらった。あらためて感謝し、私にはもう積雪期の縦走は負荷が多き過ぎるのかと思いました。
3/18  長野市南堀(5:33発)‥・松本市新島々(7:28着、笠井車と合流、7:30発)‥・野麦峠スキー場(8:10着、笠井車デポ、8:15発)‥・川浦集落(8:25着、高見沢車デポ、8:45発)‥・送電線鉄塔(9:45着、9:50発)‥・林道屈曲部・月夜沢峠直下(10:35着、10:45発)‥・稜線(11:50着、月夜沢峠往復、12:40発)・‥休憩2回‥・本谷頭(14:20着、14:25発)・・・休憩3回‥・1992m;標高点(16:55着)(テント泊)
行動記録
3月18日(土)天候 快晴のち高曇り
 車をデポするときは、行動予定と名前を書いたメモを車内に残すことにしている。不審車と思われないためだ。笠井車と高見沢車にそれぞれメモを置く。川浦集落の道路は除雪されているからその広幅のところに駐車。雪は当面降らないから除雪上の支障はない。
 集落内の農道は最初から雪道だ。しばらくツボ足で行ってみたが、雪はまだ締まっていないので、ワカンジキを着用。月夜沢の水流はカンジキを履いたまま簡単に渡れた。尾根の取り付きは急だったが、尾根上に出ると傾斜は緩くなった。とはいえ雪が締まっていないので、歩きにくい。鉄塔からは巡視路が林道まで続く。林道の日当たりのいいところの雪は締まっているから歩きやすいが、日影や木の下はラッセルを強いられる。林道の側面はカラマツ林で雪崩の心配はほとんどない。
 林道屈曲部から月夜沢峠近くの尾根までは深いラッセルになった。北側の斜面だから雪は深く、膝くらいまで来る。老骨には堪えるラッセルだ。笠井さんにトップを頼む。傾斜の緩そうなところを選んで登ったら、峠より50mくらい標高の高い東側の尾根に出た。ザックを置いて峠まで往復する。峠から見下ろすと直下の斜面は急で、回避したのは正解だったかもしれないと思った。このころには高曇りになっていて、風が冷たい。 稜線は、日当たりのいいところは締まった雪で歩きやすいが、それ以外はカンジキを履いていても時には膝くらいまで潜ってしまう。針葉樹林におおわれているので視界もあまりよくない。地図と磁石で確認しながら、寒いので休憩も短くし、今日の予定地点まで頑張った。1992m標高点には計画通りの時刻に着いたが、余裕をもって着くはずだった。
 広い平坦な山頂にテント設営。カンジキはガチガチに凍っていた。
3/19 テントサイト(6:10発)・‥橡洞(6:35着、6:40発)・‥休憩3回・・・三村境(9:30着、9:35発)・・・休憩2回・・・境峠(12:45着、13:00発)・・・野麦峠スキー場への登り口 (13:30着、笠井さんスキー場まで徒歩で車回収、14:15発)・・・川浦集落(14:25着、14:30解散)・・・長野市南堀(18:13着)
行動記録
3月19日(日)天候 快晴
 寒くてよく眠れなかった。朝6時、日の高さに真紅の朝陽が昇ってきた。今日もいい天気だ。カンジキを履いてゆっくり歩き始めた。
 最初のピーク橡洞は、今回の計画では最高峰だが、先が長いし、雪の状態もあるので、短い休憩で先へ進んだ。
 標高点1896mを過ぎ鞍部になってからは尾根が広がり、地図を見ながら歩いたのだが、結局分水嶺を逸れてしまい、大きく南側を遠回りしてしまった。この先も平坦な尾根に小さいこぶがいくつもあり、現地点の特定が難しかった。旧奈川村、開田村、木祖村の3村境までそうした地形が続いた。3村境も尾根が不明瞭だが、1870mのこぶからははっきりした尾根が下っているので、ここは迷うことはない。樹聞から野麦峠スキー場が垣間見えるようになり、境峠からスキー場へ続く尾根筋には新しい林道らしきものも見えるようになった。この方向を維持していけばいいのだが、1825m標高点手前からしばらくは再び尾根筋は広がり、地図と磁石で確認しながら慎重に下る。そのうちに黄色いテープが現れ、木祖村側はカラマツの植林地になった。歩きにくさは変わりないが、後はこの植林地の際をたどればいい。境峠近くになってようやく道路が見えてきた。
 峠に着く前に今日は峠までと決めた。時間も12時を過ぎ、歩きにくい雪の尾根を3時間も登る体力も気力もなくなっていた。
 峠から野麦峠スキー場への登り口までは車道をひたすら歩き、登り口近くの駐車帯にザックを置く。笠井さんがスキー場まで行き笠井車を回収、そして登り口の川浦へ。今回残ってしまった境峠〜野麦峠スキー場は4月8日(土)に再挑戦することにして解散。
 (文責 高見沢賢司)
月夜沢峠〜野麦峠スキー場ルート図
⇒その他の山行記録へ  ⇒HOME