碓氷峠(旧中山道〜国道18号)(中央分水嶺)2016,12.28 メンバー L 高見沢、宮尾、峯村(京)、原田、大久保

リーダー報告
 稜線の積雪は5c皿くらい。予定通りトレース出来た。寒い日(軽井沢の最高気温は0.3度)だったが、天候はしり上がりによくなり、いい登り納めになりました。昼ころからは真っ白な浅間山が真近かに眺められました。
12/28  長野市南堀(7:10発)・‥北長野駅(7:20)・‥安茂里小市(8:10)‥・川中島町原(8:30)・‥(国道18号経由)‥・軽井沢町峠(10:32着、10:50発)‥・1163m三角点(11:35着、11:40発)・‥碓氷峠(12:20着13:00発)‥・軽井沢町峠の見晴台(14:27着,14:47発)‥・長野市川中島町原(17:00)‥・安茂里(17:20)・・・南堀(18:05)
行動記録 12月28日(水)天候 曇りのち快晴
 長野市の降雪は予想通りだが、小諸を過ぎても雪がちらついている。佐久方面は快晴のはずだが、と思っていくと、軽井沢に近づきやっと晴れ間が出てきたのでほっとした。旧軽井沢の通りは雪があったのでゆっくり車を走らせる。薄く積もった雪で路面は滑りそうだ。見晴らし台の入り口の駐車場に車を留める。
 展望台からの展望は実にいい。関東平野を見下ろし、遠く筑波山が見える。秩父の山は雲の中だが、晴れれば佐久の県境が一望できるはずだ。
 見晴らし台の南端にある東屋の手前から県境沿いの道がある。深い落葉の道で、雪が薄く乗っているが歩くのに支障はない。ミズナラなどの落葉樹林の道だ。風は冷たいが見晴らしがいいし明るい山だから気分はいい。
 別荘が県境稜線まで作られているところもある。さすがに軽井沢だ。
 碓氷峠まで1時間半で到着。南方向の矢ヶ崎山への登山道もあった。碓氷峠以南はスキー場があって、稜線を歩けるか心配だったが、これで堂々と歩けそうだ。駅を目指して歩き始めたが、時間はあるし天気も良くなったので、歩いて峠へ戻ることにした。
 陽だまりで昼食。寒いのであまりゆっくりはできない。地図を見ながら別荘地の中を通る車道を歩き、いろいろなデザインの別荘を品定め(あっても掃除が大変だよなあ、などと自分を納得させながら。)。途中から県境に登って見晴らし台に戻った。雲は消え、風も収まり、展望は申し分ない。熊野神社に参拝し、1年間の登山を締めくくった。いい登り納めになった。
 (文責 高見沢賢司)
碓氷峠(中山道〜国道18号)ルート図
⇒その他の山行記録へ    ⇒HOME